結婚指輪と婚約指輪、何指につけるべき?

結婚指輪と婚約指輪、何指につけるべき?

結婚指輪と婚約指輪、何指につけるべき?

 

 

結婚指輪は左手につけるのが一般的です。
どうして左手の薬指が選ばれるかご存知ですか?

 

 

その理由は、ギリシャ神話にあるとされています。古代ギリシャでは、心臓は人間の感情を司る場所だと言われており、左手の薬指は心臓に繋がり血管があると信じられていました。
ハートつまり心臓に繋がる左手の薬指に指輪をはめることで、相手の心を掴み、結婚の誓いをより強いものにするという意味があるのです。

 

 

では、婚約指輪は何指にはめるものなのでしょう。
現在日本では、婚約指輪も結婚指輪と同様に左手の薬指にはめるのが一般的です。
左手の薬指が上の述べたように神聖な意味がある指であるとされているため、結婚指輪と同じように婚約指輪も左手の薬指にはめる人が多いのです。また、左手の薬指は10本の指の中で、一番動きが少ないのも、理由の1つです。一番動きの少ない指につけることで、紛失しにくい、という説もあります。

 

しかし、中には、結婚するまでは右手の薬指にはめる人もいます。
厳密にこれが正解、というものはないので本人の自由です。

 

 

婚約指輪も左手の薬指にはめるのが一般的ですが、気をつけなければならないことがあります。
それは、結婚式当日に婚約指輪のはめておく場所です。
結婚式当日であっても、挙式が終わるまでは、婚約中となります。
挙式では結婚指輪の交換が行われるため左手の薬指をあけておく必要があります。
そのため、結婚式当日は婚約指輪を右手の薬指につけて式に臨みます。
その後、結婚指輪の交換が行われたら、右手から婚約指輪を外して、左手の結婚指輪に重ねてつけるのが、正式です。

 

 

ところで、みなさん。
指輪をはめる手や指によって、意味が異なることをご存知ですか?
左右10本の指全てに異なる意味が込められているので、指輪をはめる時にはそのことにも注目してみましょう。

 

 

~右手~
親指:権威や責任が得られる、指導力を持つ
人差し指:集中力や行動力を高める
中指:行動力を高める、邪魔なものから身を守る
薬指:精神的な安定、恋愛成就
小指:困難を乗り越える、自分の魅力を発揮する

 

 

~左手~
親指:信念や愛を貫く、自分の思いを実現させる
人差し指:積極的に行動できる力を高める、精神的な安定
中指:協調性を高める、願いを実現する
薬指:愛の絆を深める、願いを実現する
小指:心願成就、恋のチャンスをつかむ

 

 

今回の記事で、結婚指輪・婚約指輪のはめる指、そしてそれぞれの指に込められる意味をお分かり頂けたと思います。
素敵な指輪を見つけて、一生大切につけ続けたいものですね。

 

 

沖縄県で婚約指輪・結婚指輪をお探しなら、ムクベルにご連絡ください。
お問合せ、お待ちしております!

Share Post