オリジナルの結婚指輪にする方法

オリジナルの結婚指輪にする方法

オリジナルの結婚指輪にする方法

 

夫婦でペアでつける結婚指輪。他のカップルとは一味違う、人とかぶらない特別な結婚指輪が欲しいと、思っておられる方も少なくないのではないでしょうか。

今回は、オリジナルの結婚指輪を作る方法をいくつか紹介します。

 

 

・オリジナルの刻印を入れましょう。
オリジナルの指輪にするためには、まず指輪の裏に刻印をいれるのがおすすめです。
指輪の裏側には、イニシャルや記念日を入れることが多いですが、メッセージや星などのモチーフを刻印することも可能です。

 

 

・アレンジを加えましょう。
アレンジにも様々な種類があります。
金属の表面を磨いて輝きを強くする鏡面加工などの表面加工、メレダイヤと言われる小さなダイヤモンドの埋め込み、指輪の縁やラインに小さい玉を連続して打ち込み、縁やラインを引き立たせるミル打ちと呼ばれる加工、など色々あります。
また、これらのアレンジを組み合わせることもできます。

 

 

・誕生石を装飾しましょう。
月ごとに違う意味を持つ宝石である誕生石を埋め込めば、より想いのこもった結婚指輪になること間違いありません。
お互いの誕生日だけでなく、婚約記念日や出会った日などの誕生日を選んでも、いいでしょう。

 

 

・個性的な素材を選びましょう。
結婚指輪では、プラチナが最も多く使われている素材です。
プラチナ以外の個性的な素材を選ぶことで、オリジナルの結婚指輪になります。
例えば、イエローゴールド、ピンクゴールド、ホワイトゴールド、パラジウムなど、2色のマテリアルを合わせたコンビリングもおすすめです。

 

 

・オーダーメイドの結婚指輪で個性を出しましょう。
職人が1つ1つ手作りで作り上げるオーダーメイドの結婚指輪も良いでしょう。
2つとして同じデザインのない、オーダーメイドの結婚指輪は、ふたりの個性を表現するオリジナルデザインです。

 

 

普段使いで使うために、結婚指輪はシンプルなものが多いです。
シンプルだからこそ、オリジナルにこだわりたくなるものでしょう。
世界に1つだけのオリジナルの結婚指輪は、お互いを感じられます。
自分たちでこだわり考えた結婚指輪は、二人の宝物となり、より愛情は湧くはずです。
オリジナルの結婚指輪をつくる方法は、上述のように様々です。
一生大切にできる、オリジナルの指輪をつくりましょう。

 

 

沖縄県で婚約指輪・結婚指輪をお探しなら、ムクベルにご連絡ください。
お問合せ、お待ちしております!

Share Post