婚約指輪の選び方

結婚指輪の材質の種類

婚約指輪の選び方

 

婚約指輪の入った箱をパカッと開いて「僕と結婚して下さい!」

そんなプロポーズ、女性なら一度は憧れたことがあるのではないでしょうか?

一般的に婚約指輪は、婚約成立の証に男性が女性に贈るものとされていますが、一体どのように選べばいいか分からないといった方は多いのではないでしょうか。

そこで今回は婚約指輪の選び方をご紹介します。

まず、婚約指輪を一人で決めるか二人で決めるかについてです。

男性が女性にプロポーズする場合、プロポーズの演出の一つとしてサプライズで婚約指輪を渡したいなら、男性一人で婚約指輪を選ばなければなりません。

その場合は、できれば女性の好みを把握しておくとスムーズにリングを選べます。

女性の好みを聞ける機会があれば、好きなジュエリーブランド、デザインを聞いておきましょう。

また、一緒にジュエリーショップに行き、サイズをプロに測ってもらいましょう。

指のサイズは素人が測ると緩くなりがちです。

後でサイズ直しが可能ですが、出来ればぴったりのサイズを渡したいですよね。

もしも女性の好みが分からない場合、また女性にこだわりが強い場合なら、女性と二人で買いに行くこともおすすめします。

婚約指輪は一生に一度しかない重要な買い物ですから、やはりつける本人が納得できるものが良いですよね。

プロポーズは指輪以外の演出でカバーするなど工夫しましょう。

婚約指輪の選び方ですが、毎日つけるものではないため、デザイン重視で考えられます。

石はダイヤモンドというイメージがありますし、もちろん一般的にダイヤモンドが多いです。

さらに、リングのデザインですが、これは実際につけてみて選びましょう。
見た目とつけてみた印象はまた変わります。

婚約指輪は、女性がつけるものですが、男性が選ぶ場合と二人で選ぶ場合があります。

最近では婚約指輪をなしにするカップルも多いようですが、やはり欲しいと思う女性は多いはず。

婚約指輪を買うと決めたら、デザインと予算をコンシェルジュに相談した上で、女性が気に入る婚約指輪を選んでください。

沖縄県で婚約指輪・結婚指輪をお探しなら、ムクベルに一度ご連絡ください。

Share Post