プラチナとは

プラチナとは

プラチナとは

 

結婚指輪や婚約指輪と言えばプラチナが人気ですが、プラチナとは一体何なのか、どうして良いのかをご存じでしょうか?

今回は、そんなプラチナについてのお話です。

プラチナは大変、希少性が高い素材です。

世界中でも、南アフリカ共和国などの限られた国でした採掘されません。

その量はゴールドの30分の1だとも言われます。

しかもプラチナは、1tの原鉱石に3gほどしか含まれていないため、そのわずかなプラチナを取り出すためにかなりの時間と手間が必要なのです。

だからこそ希少価値のあるプラチナは人気なのです。

さらに、プラチナは素材そのものが白く輝いています。

良く売られているリーズナブルな白いネックレスやリングは、もともとは白でないものが多いです。

メッキやコーティングを施すことで、白色に見せているのです。

コーティングは、使っていく内に摩擦などで剥がれてしまいます。

再コーティングを施せば元に戻りますが、一生ものではないのです。

これに比べてプラチナは、素材そのものが白であるため、輝きが人工もののホワイトコーティングとは違って天然ものです。

その輝きからは強さや深みが感じられます。

その本物の白は、ダイヤモンドの美しさを引き立てるでしょう。

またプラチナは、生まれ持った純白の色が人気の秘密です。

結婚は純粋な愛を誓う神聖な儀式ですから、プラチナは愛の証にぴったりなのでしょう。

結婚に白色は欠かせない色です。

真っ白な状態で二人の結婚生活がスタートできるようにといった意味が込められています。

さらに、プラチナは素材の特性に、変色しないことが挙げられます。

結婚指輪は、お風呂に入る時も、水仕事をする時も、寝る時も、常につけている方が多いですから、強くて変形せず、水に強く錆びたり変色したりしない特性があるのは高ポイントです。

一生その輝きを失わないため、安心してずっとつけられるのです。

いかがでしたか?

プラチナは、その素材の希少性、純粋な白色、変色しないなどの結婚に必要な特性を持ち合わせています。

プラチナは、婚約指輪、結婚指輪にぴったりな素材と言えるでしょう。

プラチナのように、永遠に輝く結婚生活を送ってください。

沖縄で婚約指輪、結婚指輪をお探しなら、ムクベルに一度ご連絡ください。

Share Post