ダイヤモンドの意味をご存知ですか?

ダイヤモンドの意味をご存知ですか?

ダイヤモンドの意味をご存知ですか?

 

ダイヤモンドは女性の憧れではないでしょうか?

ダイヤモンドはどうしてそこまで人気なのか、その特性についてご紹介します。

ダイヤモンドは、炭素の結晶です。

地球の地底にあるマグマに含まれる炭素は、高音の中で長い年月をかけて結晶化されました。

それが火山活動によって地上に現れ、ダイヤモンドとして誕生することになるのです。

ダイヤモンドは他の宝石と比べても屈折率がきわめて高いため、その輝きが大変評価されています。

また、ダイヤモンドは地球上で最も硬い物質であるとされています。

その輝きと硬さゆえに、ダイヤモンドには揺るぎない美、不屈の精神、永遠の絆の象徴とされています。

そのため、ダイヤモンドは結婚して一生を添い遂げるカップルに欠かせない存在なのです。

さらに、ダイヤモンドにはグレードがあります。

このグレードは、4Cという4つの基準で評価されます。

1つ目のCはカットです。

カットは、ダイヤモンドを一番輝かせるような状態に仕上げる必要があります。

婚約指輪、結婚指輪で最もポピュラーなのが、ラウンド・ブリリアントカットというカットで、最も強く輝くとされています。

2つ目のCはカラーです。

ダイヤモンドは無色透明と思われがちですが、実はその中でもD〜Zの23段階にランク付けされます。

Dが最高ランクの無色、Zに近づくにしたがい少し黄色味を帯びていきます。

3つ目のCは、クラリティーです。

クラリティーとは、ダイヤモンドに含まれる傷の量です。

傷の多い少ない、または傷の位置で良し悪しが変わってきます。

そのためクラリティーを知るために鑑定書を見せてもらいましょう。

4つ目のCは、カラットです。

カラットは、大きさのことと思われがちですが、実は重量のことなのです。

1カラット=0.2gで、カラット数が上がれば上がるほど、値段もさらに上がっていきます。

カラットは見た目で判断できるため、素人でも他のグレードよりも分かりやすいです。

そのため他のグレードを落としても、カラットを重視したいという人もいます。

いかがでしたか?

​沖縄で婚約指輪、結婚指輪をお探しなら、一度ムクベルにご相談ください。

Share Post