指輪に刻印するポイント

T-5

指輪に刻印するポイント

婚約指輪、結婚指輪を買うとき、そのデザインや石にとても悩みますよね。

ファッションリングなどとは違い、婚約指輪や結婚指輪は一生に一度しかない特別なものです。

しかし、悩むのはデザインや石だけではありません。

刻印についても考える必要があるのです。

今回は、婚約指輪、結婚指輪に刻印するポイントをお伝えします。

まずは、刻印する文字についてです。

最も一般的なのが名前やイニシャルです。

例えば、「A to B」や「A and B」というような形です。

イニシャルは、文字数制限されていても取り入れやすいですね。

また、記念日を入れても良いでしょう。

付き合った記念日、プロポーズされた記念日、結婚記念日というように、二人にはたくさんの記念日があるはずです。

結婚生活が長くなるにつれ、記念日はおろそかにされがちですから、忘れないようにという意味を込めて記念日を入れるのも一つの手です。

また、外国語でカッコ良く決めるというのもあります。

例えば英語なら、「WITH YOU(あなたと共に)」「FOREVER LOVE(永遠の愛)」「LOVING YOU(あなたを愛しています)」など愛を誓う言葉が挙げられます。

英語以外なら、「Ti Amo(愛してる)」という意味のイタリア語や、スペイン語で「LAZO(絆)」など、調べればたくさん出てきます。

さらに、結婚式を海外でした場合や、特定の外国に思い入れがある場合などは、その国の言葉を取り入れても良いでしょう。

二人のお気に入りの曲の歌詞を抜き出して入れるのも、個性が出てすてきです。

このような文字や数字以外にも、記号や手書きのイラストを彫ることのできる場合もあります。

いかがでしたか?

刻印は指輪の裏側ですので、あまり周りの人に見られることはありません。

しかし、だからこそ二人だけの特別な言葉を入れられるのです。

刻印は後から入れることもできるので、焦って決めずに一度持ち帰り、改めて刻印してもらうということもできます。

沖縄で婚約指輪、結婚指輪をお探しなら、ムクベルに一度ご相談ください。

Share Post