指輪のデザインの種類

aglobe130216cmyk07_re

指輪のデザインの種類

 

指輪にはデザインがたくさんあります。

ファッションリングなら、色々なデザインを日替わりでつけることでおしゃれを楽しむことができます。

しかし、結婚指輪となるとそうはいきません。

結婚指輪は日替わりでつけるものではありませんので、基本的には同じものを一生つけることになります。

それゆえお気に入りの一つを見つける必要があります。

今回は、指輪のデザインをご紹介します。

まずはアームの種類についてです。

アームとは、実際に指を通す輪の部分のことです。

これは大きく分けて4種類あります。

1つ目はストレートです。

ストレートは文字数通り真っ直ぐなアームです。

最もシンプルな形ですので、飽きにくいという利点があります。

結婚指輪は冒頭でもお伝えしたように一生つけるものですから、飽きにくいというのは重要なポイントでしょう。

また、ストレートは重ねづけもしやすいため、他のリングを合わせることで変化をつけることができます。

2つ目はS字です。

S字は緩やかにカーブしているアームのデザインで、女性らしい丸い曲線が特徴です。

3つ目は、V字です。

これは手の甲に向かって、Vの字のように形作られているデザインです。

スタイリッシュな印象を持ち、指をすっきり長く見せてくれるのが特徴です。

4つ目は、X字です。

これは、二本のリングをXの字のように一点で交わっているアームのデザインです。

これだけで存在感が出るのが特徴です。

また、アームの細さによっても印象は違います。

細めなら華奢な雰囲気が出る上、さりげなくつけられるのでシーンを問わずつけられます。

重ねづけしやすいのも細めの良いところですので、さまざまな楽しみ方ができそうです。

一方、太めの場合、力強い印象になり、それだけで存在感があります。

さらに、石の入り方にも種類があります。

これぞ婚約指輪だというイメージを持つ方が多いのは、たて爪です。

何本かの爪で石を上に持ち上げているデザインで、石の存在感、輝きを引き出します。

また、アームに石を埋め込むタイプもあります。

ハーフエタニティーと呼ばれる石がアームを半周するように埋め込まれている指輪も人気です。

これは、「永遠の愛」という意味が込められており、婚約指輪としても結婚指輪としても選ばれることがあります。

このように、指輪にはアームのデザイン、幅、石の入れ方などによって異なる印象を持ちます。

ぜひ、自分にピッタリ合った物を見つけてください。

沖縄で婚約指輪、結婚指輪をお探しなら、ムクベルのコンシェルジュに一度ご相談ください。

Share Post