結婚指輪にゴールドが選ばれる理由

結婚指輪にゴールドが選ばれる理由

結婚指輪にゴールドが選ばれる理由

 

日本では結婚指輪の材質にプラチナを使うのが一般的です。

しかし、欧米諸国では、ゴールドを使用する方がメジャーなのはご存知でしょうか?

今回は、ゴールドが結婚指輪に使われる理由を紹介していきます。

 

 

まずは、価格面です。

結婚指輪は一生に一度の買い物ではないでしょうか。

しかし、高価な指輪は負担が大きいと思う方も多くいるのも事実です。

その点、ゴールドは、プラチナに比べて比較的安価であり、輝きもあるという点で選ばれることが多いです。

 

 

2つ目は、輝きの面です。

ゴールドには、腐食しにくく、輝きの保ちが良いという面もあります。

女性は輝きのあるものを身に着けたいと思うものです。ゴールドの輝きは、女性にとって魅力的であると言えるでしょう。

また、ゴールドは強度が高く、長く身に着けることができるのも魅力の一つではないでしょうか。

 

 

3つ目は、バリエーションの多さです。

ゴールドには種類があり、イエローゴールド、ピンクゴールド、ホワイトゴールドに分けられ、カラーバリエーションが多く、選択する上での楽しみがあります。

 

 

では、それぞれのゴールドの違いは何なのでしょうか。

まずは、イエローゴールドです。

イエローゴールドには、金の他に純銅や純銀が混ぜられており、金色の輝きを放っています。

現在、イエローゴールドの取引価格が高く、買い取りを強化している店舗も多くあります。

 

 

次は、ピンクゴールドです。

ピンクゴールドは、純金に多くの銅を混ぜ、パラジウムを加えることによって赤みを出しています。

また、ピンクの色合いなので肌になじみやすく、かわいらしい印象を与えるため、女性に人気があります。

 

 

最後は、ホワイトゴールドです。

ホワイトゴールドの見た目は、プラチナに良く似ていて、高価なイメージを見ている人に与えます。

ホワイトゴールドは、金にパラジウムや銀などの白い金属を混ぜて白い輝きを持ちます。

また、ホワイトゴールドは、プラチナに似ていますが比重が軽いので、重さは軽く感じます。

価格もプラチナに比べてかなり安く、デザインや細工なども凝ったものが出来るので、人気が非常に高いです。

結婚指輪にゴールドを選ぶ4つ目の理由は、日本人の肌に合いやすいことです。

 

 

日本人は、黄色人種と呼ばれ、肌が少し黄みがかっているのが特徴です。

ゴールドは、真っ白な肌よりも黄みがかっていたり、小麦色などの焼けた肌の色が似合うと言われています。

そのため、日本人にはプラチナの白い輝きよりもゴールドの輝きの方が肌に映えると言われています。

 

 

以上の理由から、近年ではゴールドの結婚指輪を選ぶことも増えてきています。

結婚指輪を買うときには、プラチナにこだわらず、ゴールドを選んでみてはいかがでしょうか。

Share Post