エンゲージカバーセレモニーとは

shouette_01pink

エンゲージカバーセレモニーとは

 

以前、結婚指輪と婚約指輪を重ね付けすることが人気だと紹介しました。

今回は、重ね付けが流行っているからこそ人気のある行事を紹介します。

 

 

皆さんは、エンゲージカバーセレモニーをご存知でしょうか?

結婚式の中で結婚指輪と合わせて婚約指輪もはめるセレモニーのことです。

結婚指輪と婚約指輪を重ね付けするようになって人気の出た演出の一つでしょう。

 

 

では、一体どんなエンゲージカバーセレモニーが行われているのでしょうか。

エンゲージカバーセレモニーは、二人の永遠の愛と絆に蓋をする目的でも行われます。

リングはその形から「永遠」を意味すると言われています。永遠の愛や絆を誓い合う儀式として結婚指輪を交換します。

 

 

その後、新郎から新婦に改めて婚約指輪を贈り、左手の薬指にはめるのがエンゲージリングカバーセレモニーです。

挙式の途中に行う場合や、披露宴や二次会などの演出として行われる場合も多くあります。

サプライズで新郎から改めてプロポーズしてから指輪をはめてみるのも素敵です。

結婚指輪と違い、婚約指輪はお披露目する機会が少ないと思います。

しかし、エンゲージカバーセレモニーを行うことで、婚約指輪を見てもらう機会ができます。

 

 

婚約指輪は、思い入れもあるものです。やはり、仕舞っておくだけではもったいないです。

最近では、このエンゲージカバーセレモニーを行うために、結婚指輪とセットになるようにデザインする場合もあります。

その際には、重ね付けをすることを前提にデザインするため、華奢なデザインにする傾向があります。

 

 

では、どのような組み合わせがあるのでしょうか。

まずは、Vライン、ストレートライン、S字ライン同士など、同じラインで合わせる場合です。

同じラインを合わせることにより、一体感が生じやすくなります。2つセットという感じが出やすく、シンプルなデザインになるでしょう。

 

 

次は、ストレートにねじりを入れるなど、少し種類の違うラインを取り入れることです。

この場合は、同じ模様を入れるとセット感を出すことができます。

ただし、Vラインとストレートラインの指輪など、組み合わせによっては指輪と指輪の間に隙間ができてしまう場合も出てきます。その点が気になる人は、あらかじめリフォームするなどの対処をしておきましょう。

 

 

また、重ね付けをすると、傷つきやすくなってしまうのではないか、という心配をする人も多いと思いますが、セットにすることを前提にデザインされた指輪は違和感なく付けることができます。

せっかくの婚約指輪なので、エンゲージカバーセレモニーなどでお披露目してみてはいかがでしょうか。

Share Post