心に残る刻印って?〜フランス語〜

%e5%bf%83%e3%81%ab%e6%ae%8b%e3%82%8b%e5%88%bb%e5%8d%b0%e3%81%a3%e3%81%a6%ef%bc%9f%e3%80%9c%e3%83%95%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%b9%e8%aa%9e%e3%80%9c

心に残る刻印って?〜フランス語〜

皆さんはフランス語の言葉をいくつ知っているでしょうか?有名なフランス語の言葉では、「bonjour(ボンジュール)」こんにちは、「merci(メルシー)」ありがとう等他にも、芸術や食べものにおいても普段何気なく利用している「cafe(カフェ)」や「jupon(ズボン)」といったような言葉がフランス語だったりします。

 

中でも、有名な言葉は「Je t’aime(ジュテーム)」“愛してる”ではないでしょうか。また、結婚指輪ですと、2人で身に着けるもので、仕事場や家事で邪魔になりにくいものが選ばれることが多いです。そのため、シンプルになりすぎるため物足りないと思う方や、他の人と区別したいと思う方に刻印をおすすめします。

 

大切な婚約指輪や結婚指輪にはイニシャルや日付を刻印するのが一般的です。
そこに贈る相手へのメッセージを加えると、より一層心に残るものになります。
英語でも良いのですが、フランス語を使ってオシャレに刻印すると特別感が増します。
そこで、刻印にぴったりな言葉をいくつかご紹介します。

 

まず、「pour toujours」です。
「pour toujours」は「永遠」という意味です。
英語で言うところの「forever」にあたります。
結婚式で永遠を誓い合う二人、一生を共にする伴侶に贈る言葉として最適です。

 

次に「pour amour」です。
「pour amour」は「愛を込めて・愛のために」という意味です。
英語では「with love」。
婚約指輪や結婚指輪は、まさに愛を込めて贈られるものです。
指輪を見るたびに、お互いの愛を感じあえる素敵な言葉です。

 

さらに「tous les deux」です。
「tous les deux」は「いつも二人で」という意味です。
英語では「always with you」。
いつも一緒にいたいという気持ちが伝わります。

 

その他にも、刻印にピッタリなフランス語はたくさんあります。しかし、少しだけ気を付けなくてはいけないのは、指輪の刻印には文字数制限があり、指輪のデザインによっては変わることです。英字はものによっては長くなるものもございますので一度店頭で相談するのが良いでしょう。

 

また、長文であれば半分に区切り二人の指輪に入れるのという方法もあります。例えば、「Je t’aimerai toute ma vie」私はあなたを私の人生すべてをかけて愛しますという直訳になります。これを「Je t’aimerai」私はあなたを愛します、「toute ma vie」私の人生すべて、と分けることができます。

 

このようにフランス語になると、ぐっとオシャレ度が上がったように感じませんか。

二人で大切な指輪を選ぶように、大切な言葉を考えるのもまた幸せな時間ですね。
ぜひ刻印にフランス語を取り入れてみてはいかがでしょうか?

Share Post