サイズ選びにおけるポイント

2dbf53679d89f321a84e1cb66adbb2be_s

サイズ選びにおけるポイント

結婚指輪や婚約指輪を選ぶとき、デザインや素材を気にする方は多いことかと思います。
もちろんデザインや素材も指輪における大切なポイントでしょう。
しかし、忘れてはいけないのは「着け心地のよさ」です。
今回は、指輪選びにおける「サイズ選びのポイント」についてご紹介したいと思います。

 

みなさんは、思っていた自分の指輪のサイズと、その時買った指輪のサイズが違った、という経験をされたことはないでしょうか。
実は、指のサイズというのは、その時々によって変化するといわれています。
時間帯によってもサイズは変わりますし、女性の場合は妊娠などが原因となることもあります。
そのため、なかなか正確なサイズを測るというのは難しいです。
朝と夕方の2回に分けて指のサイズを測るというのは一つの手だといえるでしょう。

 

また、ご自身の指の変化以外にもサイズを左右する要素があります。
それは、指輪自体のデザインです。
指輪を着用したときにゆるい、きついと感じる原因は、指輪のデザインにあるかもしれません。
指輪には厚みのあるものや比較的薄いもの、さらに幅の広い・狭いものなどがあります。
そのため、同じサイズであっても、きつい・緩いと感じることがあるのです。
ファッションリングのサイズが、結婚指輪のサイズと一致しない可能性もあるということをおさえておきましょう。

 

ではいったいどうするのがいいのか。
特に時間帯や状況などによってサイズが異なると聞くと、どのようなものを選ぶのがいいのかと迷ってしまいますよね。
基本的に、現時点で指にぴったりのものを選んで問題はないでしょう。
後々のことを考えて、「着けられなくなるのが怖いから大きめを選ぶ」というかたもいらっしゃるようですが、あまりおすすめはできません。

 

確かにその時々の状況によってサイズは変わってしまうかもしれません。
しかし、実際につけるのは今です。
大きめのものを選ぶと、今着用した時にぶかぶかで、つけごこちが悪くなってしまいます。
サイズに変化が見られたときは、サイズ直しを検討するようにしましょう。
そのようなことを見越して、アフターサービスでサイズ直しがあるところで購入するのもおすすめです。

 

いかがでしたでしょうか。
指輪のサイズというのはその指輪のつけごこちというのを大きく左右します。
結婚指輪や婚約指輪は一生残るものですし、
着用するシーンも多いものかと思います。
ぜひご自身がつけていて心地がいいものを選んでくださいね!

Share Post