指輪の汚れや傷、クリーニングについて

%e5%80%8b%e6%80%a7%e7%9a%84%e3%81%aa%e7%b5%90%e5%a9%9a%e6%8c%87%e8%bc%aa%e3%81%ab%e3%81%99%e3%82%8b%e3%81%ab%e3%81%af%ef%bc%9f

指輪の汚れや傷、クリーニングについて

結婚指輪や婚約指輪を購入したあと、日常的に着用するという方はきっと多いことかと思います。

常に大切な人を近くに感じられるというのは素敵ですよね。

ですが、日常的に着用するということは、指輪が汚れたり傷ついたりするリスクが高くなるということでもあります。

今回は、大切な指輪をよりきれいな状態で長く身につけられるように、ムクベルの安心サポートをご案内いたします。

 

まず、指輪の汚れや傷を防ぐ有効な手段として、傷や汚れがつきやすいシーンで注意を払うことが挙げられます。

・重い荷物を持つとき
指輪を着用したまま重い荷物を持つと、指輪に傷がついたり、指輪自体が変形する可能性があります。
力仕事のお仕事をされている男性は特に注意が必要です。

 

・温泉に入るとき
こちらはご存知の方も多いかもしれませんが、温泉に入る時も指輪を外しておくことをおすすめします。

シルバーやメッキをかけたピンクゴールドなどの素材は、温泉の硫黄に反応すると変色してしまう恐れがあります。

 

ひとつひとつのシーンで脱着を繰り返すのも大変なのでご自身が気になった時に、外すことが1番いいかもしれません。また、汚れてしまった。少し傷がついてしまった。
変形した。

などの際は、ムクベルではクリーニングを行っております。

 

指輪が汚れてから対処をするというのも確かに一つの手ですが、なるべく未然に防げるところは注意して防ぐのがおすすめです。

Share Post