婚約指輪をつけるタイミングは?

%e5%a9%9a%e7%b4%84%e6%8c%87%e8%bc%aa%e3%82%92%e3%81%a4%e3%81%91%e3%82%8b%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%9f%e3%83%b3%e3%82%af%e3%82%99%e3%81%af%ef%bc%9f

婚約指輪をつけるタイミングは?

さて、婚約指輪とはどんな時につけるのでしょうか。

結婚してから結婚指輪をつけるので、婚約指輪を出すタイミングなんてあるの?といった疑問を持たれる方も多くいらっしゃることだろうと思い
ます。
せっかくの選んだ指輪ですから、しまっておくだけ、というのもなんだかもったいないです!

ということで今回の記事では、そういった婚約指輪をつけるタイミングについてお話します。

 

まず、婚約指輪というのは結婚前に貰うものですから、一般的には結婚という約束が交わされるまでの間、婚約期間中につけておくものですよね。

そしてその意味は婚約期間中に他の男性を寄せ付けないようにという効果を発揮します。

 

では結婚した後はどうなるのでしょうか。

基本的に婚約指輪というのは、結婚までですが結婚後もつけてはいけないといったことはありません。
つまり、いつ着けてもいいのです。

 

例えば、ドレスアップの必要なパーティーへ参加する際、友人やご家族の結婚式へ出向く際、またご主人との二人きりのデートの際など、こういった機会に特別に着けるという方も多いのではないでしょうか。

普段使いだと傷つけてしまいそうなので特別な日のドレスアップ用として使用する方が殆どででしょう。

 

ただ、婚約指輪という愛の証を、普段から身につけておきたいとお考えの方も多くいらっしゃることでしょうから、そういった方にもぴったりな着け方がございます。

例えば、セットリングというものをご存知でしょうか。
セットリングとは、結婚指輪と婚約指輪を重ねづけできるように設計された指輪のことですが、このような着け方を事前にお考えでありましたら、いくつか気をつけなければならないポイントがあります。

 

本来、婚約指輪には見た目の華々しさなど、デザイン性を重視しますが、そのように常時着けておくためにはある程度の機能性も考慮しなければいけないので、丈夫さや着け心地といった部分をしっかり押さえておくべきでしょう。

 

また、婚約指輪をネックレスに通して、常に身につけている方もいらっしゃるようですから気になる方はお調べしてみてくださいね。

婚約指輪は、お二人の夫婦としてのスタートを象徴する指輪ですから、たまに身につけて、その時のドキドキした気持ちを思い返すのもいいでしょう。

Share Post