あなたの魅力を引出すデザイン

%e3%81%82%e3%81%aa%e3%81%9f%e3%81%ae%e9%ad%85%e5%8a%9b%e3%82%92%e5%bc%95%e5%87%ba%e3%81%99%e3%83%86%e3%82%99%e3%82%b5%e3%82%99%e3%82%a4%e3%83%b3

あなたの魅力を引出すデザイン

私の指って短くて太いから嫌い、細すぎて指輪は似合わない、などと思ってる方もいらっしゃるのではないでしょうか?
指にコンプレックスがあるから指輪をして目立ったら嫌だ、と思っているかもしれません。

 

でもそんな方にこそ、指輪を着けて欲しいのです。
もちろん、自分の指について考えたことがなかった、私は自分の指が好きだな、という人も、より一層美しくみせるためにぜひ指輪を活用してほしいと思います。
そこで今回は、あなたの指にぴったりの指輪の太さや、デザインなどをお伝えしましょう。

 

・長い指
もし自分の指は比較的長いかなと思うのならば、どのような指輪でも似合います。
ただし、指の細さや太さによっては合わせにくい指輪もあるので注意が必要です。

 

長くて細いスラリとした指を持っているあなたは、女性の憧れの的であることでしょう。
気をつけたいのがボリュームのある大ぶりの指輪。
指が細長いため貧弱にみえてしまうことがあるのでおすすめしません。

 

細身でストレートなデザインや、重ね付けなどはこのタイプの指に似合います。
長いけど太めだという指は、安定感があり大人っぽい指です。

 

その場合は細い方とは反対に、ボリュームのあるデザインが似合います。
ほかにも、幅広い指や彫りがある指輪もしっくりくるのです。
一方、華奢なデザインの指輪だと指を太くみせてしまうので、せっかくの長所が活かされなくなってしまいます。

 

・短い指
短めの指でコンプレックスに感じていたとしても、きちんと指輪を選べば着けこなすことができます。
V字型の指輪やウェーブタイプの指輪なら指の根本の位置を下げる効果があるので、指が長く見えるのです。
短いけれど細い指の場合は、V字型よりもS字型の指輪の方がその効果を発揮します。

 

また、ボリュームがあるものよりは細身のデザインの方が細い指が貧相に見えません。
短くて太い指は、上記のように動きのあるV字型やウェーブなどの指輪を選ぶようにしましょう。

 

ポイントにストーンがあしらわれているものなら、目線をストーンに誘導して指の太さを目立たなくすることもできます。
注意すべきなのが、幅の広い指輪だと指の太さや短さが強調されることです。
できるだけ避けて、自分の指を引き立てるような指輪を選びましょう。

 

指輪は形や色によって、あなたのコンプレックスをカバーできることがあります。
デザインやストーンを上手く活用してコンプレックスを克服しましょう。
逆に、自分の指は割と気に入っているという方も、指輪をつけて魅力をアピールしてください。

Share Post