マリッジリングのデザイン選び エタニティリング編

dd50a6a611c9e56e07bd162a421dfd81_s

マリッジリングのデザイン選び エタニティリング編

前回はストレートやウェーブといった、主に指輪の形状によるデザインについてお話し致しました。
今回からの記事では埋め込みや装飾によるデザインについてお話ししていきます。

 

・エタニティリング
エタニティとは英語で「永遠」を意味する言葉で、永遠の愛を誓い合う二人にはピッタリな名前ですね。
指輪全体にダイヤを埋め込んだデザインで、非常にきらびやかで華やかな印象を与えることが可能です。
宝石の数が多い分高価にはなってしまうのですが、婚約指輪も兼ねた結婚指輪として送られる方も多くいらっしゃいます。

 

以前は結婚記念日などに夫から妻へ送られるもので結婚指輪としてはあまり送られていなかったのですが、現在では豪華な結婚指輪としても用いられる様になり新定番とも言えるデザインになりつつあるのだとか。
一生に一度の二人の記念日ですので、華やかな式にしたいカップルの方にはおすすめです。

 

「フルエタニティ」と「ハーフエタニティ」の2タイプがあり、フルエタニティは指輪全体をダイヤで装飾したもの、ハーフエタニティは指輪の上半分、外から見える部分にのみダイヤをあしらったもののことを指します。

 

特徴としては、どちらもやはり豪華で華やかな印象を持つ一方で、派手なため仕事などではつけづらいことが多いです。
基本的にはアーム部分はほとんど見えないため、ストレートのアームに宝石を埋め込んでいくので重ね付けもしやすく、婚約指輪などと分けてご用意される方にはどちらもずっと身につけることができます。
カジュアルな一般使いでは非常に重宝するデザインですので、長く楽しむことが可能と言えますね。

 

注意事項としては、ダイヤモンドは非常に硬く他のものに傷をつけてしまうことがあります。
デザイン次第ではありますが、ダイヤモンドが露出したものを考えている場合は日常使いの中で注意しなくてはなりません。
また、滅多にないことですが埋め込みが多い分、長年の使用による欠けや石落ちなどにも注意が必要です。
石の留め方などにも注意して強度の高いものを選び、緩みなどが確認できた場合にはすぐに修理に持って行くなど日々のメンテナンスも重要となってくるでしょう。

 

その他にも通常リングのサイズの調整には通常リングを切断し、長さを調節したのちに接合し直すという方法が取られるのですが、フルエタニティリングの場合は宝石の埋め込みを行っているため切断が難しいという点が挙げられます。
そのため、サイズ選びは慎重に行う必要があると言えるでしょう。

 

注意が必要なエタニティリングですが、これ以上にない豪華で二人の幸せを象徴する指輪と言うことができます。
普段使いでも使いやすいため、ぜひご検討してみてはいかがでしょうか。

Share Post