ダイヤモンドの品質

ダイヤモンドは、ひとつひとつに
異なる性質や特徴があり、全く同じものは
存在しません。

その異なる特徴を持った、
それぞれのダイヤモンドの希少価値を
判断するための基準が「4C」と呼ばれるものです。

  • 4Cとは?

  • 4CとはCarat (カラット・重さ)、Color (カラー・色)、 Clarity (クラリティー・透明度)、 Cut (カット・プロポーション)の4つの項目の事で、 それぞれの頭文字が「C」から始まることから「4C」と呼ばれています。 ダイヤモンドの品質・価格はこの4つの要素をもとに決定されます。
  • カラット・重さ

    カラットは宝石の重さを表す単位で、1カラットは0.2グラムで“ct”と表記されます。カラットの違いは大きさに比例しますので、4Cの中では見た目に一番影響する部分です。
  • カラー・色

    カラーはダイヤモンドの色の違いを等級によってあらわしたものです。無色透明を最高品質とし、黄色などの色味を帯びることによって、等級が下がっていきます。無色透明であるDカラーに近づくほど、輝きは明るくなり、希少価値も高くなります。
  • クオリティー・透明度

    クラリティーとは、ダイヤモンドの透明度を表します。透明度とは、ダイヤモンドの内部に含まれる内包物の量が多いか少ないかを表したものです。内包物が少ないほど透明度が上がり、輝きも増していくことになります。
  • カットプロポーション

    カットは、ダイヤモンドの輝きを決定づける大切な要素です。4Cの中で唯一、人が手を入れられる要素になります。カット評価は、研磨や仕上がりの状態で、エクセレントからプアまでの5段階で評価されます。
PAGE TOP
店舗情報
〒904-0115 沖縄県中頭郡北谷町美浜51-3

水曜定休 ※祝祭日の場合営業
※当日のご予約はお電話にてお承りします。